クリニック紹介

はじめに

生活習慣病の改善、病気の予防・早期治療が大切です。

当院では、日本での三大死因の一つとなっている脳卒中(脳血管障害)を中心に、その原因である生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病、メタボリックシンドロームなど)を早期のうちに発見し重症化しないよう治療することに最も力を入れています。そのため、早期診断に必要な診療設備を備えました。その一つにPhilips社製MRI装置があります。MR装置とは磁場を利用して、体の内部を調べる検査です。X線は使いませんので、被曝の心配はありません。これにより脳の断層撮影(MRI)、血管撮影(MRA/造影剤は使いません)をはじめ、脊椎・脊髄、手足の関節等のMRI撮影が可能です。最新の医療設備で最適な診断ができるとともに患者さんの身体的ご負担も軽減されるものです。

院内紹介

プライベート重視の空間と、緊張をほぐすホスピタリティでお迎え致します。

当クリニックでは、受検者同士が顔を見合わせる機会ができるだけ少なくなるよう、プライベートを重視した空間・動線設計や時間差にゆとりを持たせた予約診療を実施しています。
診察開始にあたっては、院内放送などでお名前をお呼びすることはなく、スタッフより個別にご案内致します。
プライベート重視の空間と、全スタッフのホスピタリティあふれる空間。
そんな環境づくりが当クリニックの目指すところです。

受付
▲受付
待合室
▲待合室
院長室
▲院長室
診察室
▲診察室
CT室
▲CT室
MRI室
▲MRI室

主要設備紹介

MRI
【MRI】
Philips社製の1.5テスラAchieva 1.5T A-seriesは高性能・高機能・高画質な臨床実用機として定評であったAchievaが更に進化したものです。更なる高速化と高画質のため最短TE,最短TRの短縮化を実現しています。高い基本性能に裏付けられた信頼性に加え、卓越した新技術を搭載し、その上、豊富で多彩な部位専用RFコイルを用意することによって、人体の末梢に至るまでの部位に対応できるハイパフォーマンスMRIです。
CT
【CT】
Philips社製の16列マルチスライスCTであるMX-16は安全性・確実性・高速性を向上させたハイパフォーマンス&コンパクトCTです。
30cmの範囲を約4秒で撮影終了する高速スキャン性能,高速0.5秒回転スキャンにおいて、200mAs以上のハイパワーはルーチン検査において上位機種と互角のパフォーマンスを発揮します。これだけの性能を発揮するにも関わらず、設置スペースはわずか18㎡という小スペース。MX-16はこれまでのコンパクトCTのイメージを一新する可能性を秘めた新型16スライスCTです。
clinix
【X線撮影装置】
日立メディコのClinixⅡはコンパクトクラスでありながら、病院クラスの装置と同等の最高管電圧150kV出力が可能なX線撮影装置です。胸部の高圧撮影に対しても余裕で対応が可能であり、高画質のX線画像が得られます。
FCR
【FCR】
富士フイルム社製のデジタルX線画像診断システムFCR - PRIMAは設置面積がクラス最少レベルの省スペースを実現しながら、従来のFCRと同様の高品質デジタルX線画像を提供します。
BCチェッカー
【加速度脈波計】
BCチェッカーは指先をセンサー部に当てるだけで加速度脈波、すなわち血管年齢(末梢血管の柔軟性)を容易に測定できる機器です。測定時間は早い人で20秒で、操作方法も極めて簡単です。加速度脈波は末梢血管の動脈硬化度など、健康チェックの新しい指標として注目を集めています。
パソコン心電計
【パソコン心電計】
心電計は三栄メディシス(株)製のECG Explorer 500Aを導入しました。付属のCD-Rを手持ちのパソコンにインストールし、接続ケーブルをパソコンのUSBにつなぐだけで高機能の心電計となります。多彩な表示がパソコン画面上で可能です。印刷は手持ちのプリンタでOKで専用記録紙が不要です。またUSBを介してデータを電子カルテに取り込むことも簡単です。

お問い合わせ先

ご不明な点などございましたらお気軽にご相談下さい。

096-358-8666(代)

【受付時間】
●月曜〜金曜 9:00〜12:00/13:30〜17:30
●土曜 9:00〜12:00/13:00〜15:00
※MRI・CT予約検査時間は若干異なります

【定休日】日曜日・祝祭日